生き物を探してナチュラリストを目指そう in さっぽろ

よくある質問


誰でも参加できるの?

PC、スマートフォン、タブレットなど、インターネットにアクセスができれば、誰でも参加できます。

学校のクラス単位やチームで参加は可能?

代表者がアカウントを作成して複数の観察記録をまとめて登録も可能です。

生き物の写真撮影が難しい・・鳴き声が聞こえる、足あとがあるけど・・?

鳥の鳴き声をスマートフォンで録音した。エゾシカらしき動物のフンを見つけたので写真を撮った。こんな情報も観察記録として登録できます。

種が同定されたことは、どのように確認できるの?

AIや世界中のナチュラリストが、観察した生き物の種名を知らせてくれます。同定とは、このように種名を判断することです。
観察記録は、最初は「要同定」と表示されます。あなたの記録を他のナチュラリストが考察して種を同定します。2名以上が、同定に同意すれば、「研究用」として同定結果が表示されます。

「研究用」って、どんな意味?

研究用の観察記録は世界中に研究者が使用するデータベースに取り入れます。  GBIF(地球規模生物多様性情報機構)に組み込まれ、世界の生物多様性データとして管理されています。
これら観察記録は研究用のみならず、参加者がダウンロードしてのレポート作成、さらには生物多様性保全の基礎情報として運用されます。

観察しなくとも参加できる 【同定の提案】

AIやナチュラリストが提案した同定に【賛成する】ことで観察記録を「研究用」にアップグレードできます。または、AIが間違えていたり、他のナチュラリストが間違えた同定には、誰でも同定を【提案する】ことも可能です。
種の【同定を提案】すれば、iNaturalist上の【ID】で、あなたの同定記録も常に確認することができます。

参加者間のコミュニケーション

参加者は、【プロジェクトジャーナル】の投稿が可能で、発見、感想、質問などを記載すれば、専門家がチェックしてくれます。
興味のある観察などあれば、その観察記録者のアカウントにiNaturalist上からもメールで連絡が可能です